ホームページのリニューアル

情報の提供はできてますか?

インターネットユーザーが、ネット上で求めているのは「情報」です。 その情報を得るために複数のホームページを回覧して、自分が探してるものに一番近い 情報のあるホームページに行き着きます。いいホームページだと思えば、 「お気に入り」に登録して、繰り返し利用する事になります。 自社商品のPRだけではなくユーザーが知りたがってる情報をより多く提供することが、 アクセスアップの秘訣だと言えます。

◎来訪者に信用されていますか?

貴社のホームページを見るインターネットユーザーは、確実に同業他社のホームページを見ています。 数社を比較して、その中から選んだ会社に問い合わせを入れるはずです。 たとえば、電化製品を買うときに、インターネットが普及する前でしたら交通費と時間を使って、 複数の販売店を見て歩き、その中から1社に決めていました。 ところが、インターネットが普及した今は、そういう買い方をする人は、減少しています。 インターネットを使えば、短時間で完了するからです。
ユーザーが最終的に決めた1社は、他の会社とどこが違つていたのでしょう? それは、 その会社が一番「信用できる」と判断したからです。


◎それでは「信用」を得るためには、どうすればいいのでしょうか?

インターネットの場合、売り手と買い手が直接顔を合わせることが、あまりありません。 会社はどこにあるのか?ちゃんとした会社なのか? どういうサービスができるのか? いろいろなホームページを見てますと、会社の所在地や電話番号を記載してない場合が あります。 問い合わせは、すべて「問い合わせフォーム」を利用するみたいですが、 こんな 怪しい会社の問い合わせフォームに自分の個人情報である電話番号や住所を書き込む 気にはなりません。 会社の所在地や扱い商材、サービス内容、営業方針などを明確にしたホームページになってるか どうか再度チェックをしてみては、どうでしょうか?

企業らしいホームページになってますか?

最近は、ほとんどの業種業態の企業がホームページを持つようになってきました。 以前は、「会社案内」という紙の資料で会社の説明をしていましたが、 最近はあまり見かけなくなりました。 ホームページ=会社案内 ということになってきたからです。 つまりホームページの作り方(デザイン)で、それを見る人の貴社に対するイメージが大きく左右されるようになりました。 きっちりした会社でありながら、ホームページの製作管理をパソコンの得意な社員さんに任せている場合があります。 ホームページ作成ソフトを使えば、簡単に作ることはできますが、 色の使い方やデザインというのは、パソコン操作の知識とは別で、 プロが作ったものとは大きな差がでてきます。